記事一覧

平成29年度 山口県理容競技大会 o(*⌒O⌒)b

平成29年度山口県理容競技大会が、6月19日㈪山口理容美容専修学校講堂で開催された。
大会当日は天気にも恵まれ、朝早くから実行委員が集合し、各担当部署の準備に取りかかった。
今年は参加選手が10名と少ないため、モデル審査、競技、仕上審査、作品展示をすべて講堂で行うというコンパクトな会場設営となり、大変淋しい気がするが、出場される選手は日頃の練習の成果を発揮する場としている以上、私達関係者一同全員で力を合わせる事がそれに応える事になると準備に力が入る。

ファイル 32-1.jpg

定刻の10時になり、会場には選手、大会役員、選手の応援に駆けつけた観客、その中で粛然と開会式が始まった。
棟近隆大会副委員長の開会宣言、吉永和義大会委員長より選手に力強いメッセージがあった。
続いて山本豊審査委員長より審査説明があり、監視委員3名、審査委員11名の紹介後、全選手を代表して下関支部の瀬川晃平選手が選手宣誓を行い競技へと移った。
11時より競技開始となる。
内容は全国大会種目の第1部「クラシカルカット・ファッションカテゴリー」、第2部「レディスカット・パーマスタイル」、続いて山口県独自の競技で第4部「ブロースカット(ウイッグ)」、第5部「フリースタイルカット・トレンドカテゴリー(ウイッグ)」、第6部「ミディアムカット・ドライヤーセット(ウイッグ)」、第7部「ワインディング(ウイッグ)」の6種目で開催された。
各選手が要項に基づいて独自のデザインを作り出し、各部門とも幅広いバリエーションの作品が見られた。

ファイル 32-2.jpg


平成29年度山口県理容競技大会 結果発表 詳細は“コチラでσ(・д・*)”